不動産売買契約

不動産売買契約の円滑に行うためのサポートです。

不動産売買契約の円滑に行うためのサポートです。

 不動産売買契約は、不動産という大きな財産の所有権を移転する契約です。

そのため慎重の上にも慎重に行うことが絶対に必要です。当社は契約当事者が

安心して取引を行えるよう側面からサポートします。

 

          不動産購入で失敗しないために

        不動産契約関係書類の調査・確認

        不動産購入時の調査

        不動産業者との折衝代行

        不動産売買契約の立会い

 

不動産購入で注意すべき点

不動産購入に際しては特に次の点に注意しましょう。

1、あせらない。あわてない。
  はやる気持ちを抑えることです。また、不動産業者が契約を急がせても安易にそれに応じな 

 いことです。

2、自分の目で確かめる。
 不動産業者だけの話を鵜呑みにしないことが大事です。
 晴れの日、雨の日、朝昼晩夜、自分の足で確かめることです。何回か物件を見るといままで

 気づかなかったことが見えてきます。
 もっと詳しく正確に調査したければ、専門の調査会社(当社も含め)に依頼する。

3、事前に不動産をよく調査する。

  不動産の法規制、環境など十分に調べることです。反社会的勢力の存在、事件・事故の

 存在などは丁寧な調査からしか分かりません。

4、納得するまで契約しない。

 あとで契約を破棄するのは容易ではありません。まして全額払った後では、瑕疵等がなければ

 難しい。少なくとも手付金は放棄する羽目になります。

  業者の説明で不明な点があれば何度でも尋ね、疑問がなくなるまで続ける。このようにしても

 きちんとした説明をおこなう業者とだけ付き合うようにする。

5、資金計画はしっかり立てる。無理をしないゆとりのある計画にする。
  見栄を張らない。自分の力相応の物件を選ぶ。

6、契約書にローン条項は必ず入れる。

  住宅ローンその他の融資を使う場合など、融資がだめな時は無条件に契約解除できるよう  

 にしておく。

7、不動産業者の対応が疑問なら、監督官庁(都道府県の宅建業担当課)に相談する。

 

不動産契約関係書類の点検

 すでに存在する書類の点検、確認、内容の精査は大事です。

  たとえば・・・・

    ・ 契約書(売買)の内容は間違いないか

    ・ 権利証は本物か

    ・ 重要事項説明書は正しいか

    ・ 遺言書は有効なものか

    ・ 遺産分割協議書は正しいものか

    ・ 物件調査報告書は正しいか

    ・ 敷地境界の確認書は正当か

    ・ 隣の建物の越境の確認書は正しいか

    など内容を確認したり、不足しているものがあれば作成し   

    なければなりません。

 

 

不動産業者との折衝代行

 

 素人であるあなたがプロである不動産業者と折衝するのに不安を覚えたら当社をご利用ください。当社は、お客様の目線でお付き合いし、プロの不動産業者との折衝の橋渡しをします。

 どの世界でも素人とプロがいます。どの世界にも親切で丁寧な業者もいますがそうでない業者もいます。後者と渡り合うのは容易ではありません。よほどの知識と度胸が必要です。そうでないと圧倒されて、言い負かされます。不本意な契約に発展することだってあり得ます。

 当社の業務は次の通りです。

1、依頼者の言い分を相手方にきちんと伝える。

2、依頼者が疑問に思っている点、分からない点を相手方からきちんと聞き出します。

3、依頼者が相手方と合意したいと思えば、その準備を行います。

不動産売買契約時の立会

不動産取引(売買契約、賃貸借契約)は誰でも不安です。とくに売買契約は初めてという方は

不安なものです。あらかじめ仲介の不動産業者から契約の手順について説明されていても

分からないので、不安が解消されません。

 当社の業務は次の通りです。

1、契約内容に不備はないか。
    物件の特定、瑕疵担保など

2、契約の相手方に問題はないか。
    本人確認、不正利益移転防止法

3、依頼者の権利がきちんと確保されているか。

4、重要事項説明書の説明に不備はないか。

5、手付金、残金決済に問題はないか。

6、不動産業者の説明に問題点はないか。

7、代金決済方法は大丈夫か。

8、ローン決済方法に問題はないか。

9、その他不審な点はないか。