不動産の相続対策

相続対策の進め方

1,相談者各自の相続対策をする目的を明確にします。

2,財産の種類や額の概略を伺います。

3,相続人の数を伺います。

4,現状で相続税額の見込みを試算します。それによって、各自の相続税を見込め          

  るうえ、納税資金の見込みも分かります。

5,不動産の評価や活用法を検討し、どのように財産を分割したり、活用したりで

  きるか検討し、提案します。

6,相談料、企画料、委託料などは事前に明示します。

7,税理士、行政書士、司法書士あるいは弁護士とも提携しながらよりよい方策を

 検討し、提案します。

遺言の方法

1,遺言とは

  亡くなった方の財産をどのように処分したいかを相続人などに表明したものです。
 遺言書があれば、基本的にはそれにそって遺産を処分すればいいわけです。

2,遺言の方法
 代表的な方法は2つあります。

 1)公正証書遺言
  公証役場で作成するものでです。偽造や変造などがない、一番確実な遺言です。

 2)自筆証書遺言

   本人(被相続人)が全文を自筆で下記、押印するものです。

   死後に真正かどうか争いになることがあります。

  最近、法務局で保管する制度ができました。

遺産分割協議のしかた

1,遺産分割協議とは

  遺言がなければ、相続人全員で協議しなければ相続財産を分かることはできません。

  遺産分割協議書ができれば、それに基づいて遺産を分割できます。

  もし、分割協議がうまく行かなければ家庭裁判所へ調停ないし審判の申し立てを

  しなければ相続処理はできないことになります。

2,遺産分割の方法

  1)現物分割 相続財産をひとつひとつ分配する。

  2)換価分割 売却し、金銭で分割する。

  3)代償分割  相続人の一人がが財産を取得し、他の相続人に対価を支払う。

  4)共有にする分割  各相続人の持分で共有する。