不動産調査の種類・範囲

不動産調査の種類・範囲

不動産調査の種類・範囲

1、宅地建物取引業法(35条)で定める項目の調査
    重要事項説明書で明らかにされる調査項目。
    これで最重要事項は網羅されています。それゆえ、契約前に

    この説明をすれば宅建業者の務めは一応果たしたことになります。

2、エスクロー調査の範囲
   上記項目(35条)
       +
   宅地建物取引業法47条規定の項目(売主の告知事項と建物性能表示

   制度の法律が規定する項目

       +

   買主に有益な情報